声占(こえうら)とは?

平安前期に存在したとされる占術、声占(こえうら・こわうら)を行う術者を
声聞師(しょうもんじ・しょもじ)と云いました。※声聞師の説明は別ページで

 

声の抑揚や声質を推し量るのではなく、声に含まれている情報を読み取る

作業を行い、道を示す事が出来る占術です。

がしかし、永きに渡り、その占術は失伝してきました。

 

その理由として、データに依らない占術であるという事、が挙げられます。

つまり、個人個別の占いをするのに適した占術ともいえるでしょう。

原則として、声の持ち主を中心に縁の深い方であればあるほど、

見る事は出来ますが、縁が薄くなればなるほど、

その精度は下がるという特徴もあります。

 

© 2023 by My site name. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Google Classic
  • RSS Classic